和種薄荷
e0245791_17283030.jpg


北見市の仁頃というところで作られた
ハッカの『取り卸し油』です。
蒸留して精油を抽出した後、濾過したものを
“取卸油(とりおろしあぶら)”と呼ぶそうで
未精製のハッカ油です。

この取り卸し油をさらに精製することによって
ハッカ脳(メントール)とハッカ油に分けらます。
一般に市販されているのは精製後のオイルです。

取り卸し油は『ハッカの一番搾り』みたいなものかもしれませんね。
オイルは少し緑がかった色をしていて
とてもスーッとしたフレッシュな香りがします。
未精製なのでメントール成分が多いのでしょう。

石けんの香り付けにハッカの精油を良く使います。
フローラルな香り、樹木系、ハーブ系など
どのタイプの精油ともうまく調和してくれますし
香りに清涼感があるので、石けんにはピッタリなのです。

北海道のどこかで、もしハッカの取り卸し油を見つけたら
ぜひ香りを嗅いでみて下さい。
フレッシュな気分になること間違いなしです。
[PR]
by koyori2biyori | 2011-09-28 17:51 | 香り
<< ラベンダー蒸留水 スピルリナ >>