カテゴリ:香り( 5 )
森のキャンドル
e0245791_11104099.jpg


ソイワックスに精製蜜蝋(白)を加え
精油で香りづけたジュニパーを散りばめました。
ジュニパー、サイプレス、ローズウッド
森の香りが漂ってきます。

クリスマスはもうすぐ・・
[PR]
by koyori2biyori | 2013-12-20 11:13 | 香り
シークヮーサー
e0245791_15125220.jpg

和   名 : ヒラミレモン
沖 縄 名 : シークヮーサー
  学   名 : Citrus depressa


沖縄ならではのシークヮーサーの精油を見つけました。
沖縄の言葉で「シー」=「酸っぱい」、「クヮーサー」=「食べさせる」
「酸っぱい食べ物」という意味だそうです。

完熟するとオレンジ色の普通のみかんのようになり
そのまま食べても美味しいそうですが
未熟な青い状態で収穫される事が多いのは
未熟のシークヮーサーに、クエン酸やノビレチンの量が
多く含まれているからだそう。

ノビレチンには、血糖値・血圧上昇抑制作用、抗腫瘍作用、抗炎症作用
鎮痛作用、肉芽増殖抑制作用などがあるそうです。

又、フラボノイド等の有効成分も豊富に含まれているそうで
シークヮーサーのマウスウォッシュが販売されているのも納得できます。
ハッカやミントが苦手な方に良いかもしれません。

シークヮーサーの少し独特の香りは、リモネンという成分で
リラックス効果があるといわれています。
柑橘系の香りには、不安や緊張をやわらげ、気分を明るくしてくれる
働きがありますので、シークヮーサーも同じように
気持ちを元気にさせてくれるのではないでしょうか。
ディフューザーで芳香していると、とても爽やかな香りで
気分がシャキッとしてくるのが分かります。

春になりそうで、なかなかならないこの時期に
シークヮーサーの香りはぴったりのような気がします。
[PR]
by koyori2biyori | 2012-03-02 16:11 | 香り
蜜蝋キャンドル
e0245791_10393787.jpg


「蜜蝋100%で球根型のキャンドルを作って欲しい」
と友人からリクエストがあり、製作したキャンドルです。
この蜜蝋は、その友人が旅行先のラトビアから
調達してきてくれたものです。

以前は蜜蝋の香りが少し苦手だったのですが
今まで私が知っていた蜜蝋は何だったのだろう・・
と思うほど甘く深い香り。
そしてとても美味しそうな香りがするのです。
その瞬間から蜜蝋の香りが大好きになってしまいました。

溶かして型に流すキャンドルとは違い
作る時の温度やこね具合で微妙に色合いが違います。
あまり上手くは作れませんでしたが
出来上がったキャンドルを空き缶に並べたら
とても愛おしく思えてきました。

1つだけ、ベチパーとラベンダーの精油で香りを付けました。
蜜蝋本来の甘い香りと重なって一段と良い香りがしてきます。
ポンと置いておくだけで癒されそう。
喜んで貰えるでしょうか・・

春が待ち遠しいですね。



遅ればせながら2012年も
『こよりびより』をどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by koyori2biyori | 2012-01-20 11:24 | 香り
ラベンダー蒸留水
e0245791_9303737.jpg

エッセンシャルオイル (精油)を蒸留する際に
その副産物として得られるのが蒸留水。
フローラルウォーターとも呼ばれています。

ラベンダーといえば、北海道は『ファーム富田』が有名ですが
その周辺の町あちらこちらでラベンダー畑を見ることが出来ます。
これは上富良野で作られたラベンダー蒸留水。

アロマショップに売ってる蒸留水とは少し違い
草のような、草原のような青っぽい香りが特徴です。
その特徴的な香りゆえ、好みも分かれるかもしれません。

一般的に蒸留水は
精油と似たような効果がありながらも作用がマイルドなこと
また安定した物質であることから腐敗しにくく
手作りローション、クリームなどに大変重宝されてきました。

水分を蒸留水に代えて作る石けんは
使い心地が大変なめらかで優しい仕上がりになります。
[PR]
by koyori2biyori | 2011-10-28 10:13 | 香り
和種薄荷
e0245791_17283030.jpg


北見市の仁頃というところで作られた
ハッカの『取り卸し油』です。
蒸留して精油を抽出した後、濾過したものを
“取卸油(とりおろしあぶら)”と呼ぶそうで
未精製のハッカ油です。

この取り卸し油をさらに精製することによって
ハッカ脳(メントール)とハッカ油に分けらます。
一般に市販されているのは精製後のオイルです。

取り卸し油は『ハッカの一番搾り』みたいなものかもしれませんね。
オイルは少し緑がかった色をしていて
とてもスーッとしたフレッシュな香りがします。
未精製なのでメントール成分が多いのでしょう。

石けんの香り付けにハッカの精油を良く使います。
フローラルな香り、樹木系、ハーブ系など
どのタイプの精油ともうまく調和してくれますし
香りに清涼感があるので、石けんにはピッタリなのです。

北海道のどこかで、もしハッカの取り卸し油を見つけたら
ぜひ香りを嗅いでみて下さい。
フレッシュな気分になること間違いなしです。
[PR]
by koyori2biyori | 2011-09-28 17:51 | 香り